「ゆとり世代か…」と言われて悔しく無いか?僕は悔しい。

2011/10/28 § コメントする

ゆとり世代か…
89年生まれの僕はあらゆるところで言われますし、
心の中では、「あんた達もさほど変わらんだろ」とか思っています。
子供には叱らず、学校へ文句を言いに行く親達。学校では、昔のように怒鳴って、ぶん殴ってくれる教師は本当に少なくなりました。ゆとり教育が良く無いと思っても、ある種同じような事を繰り返しているのではないでしょうか?
そんな反発的な心がある一方で、ふと、「ゆとり世代と呼ばれる自分達の世代に自身を持っているか?」と考えた時に、僕はあまり良い答えを思い浮かべる事ができませんでした。

■ ゆとり世代の捉え方



まず “ゆとり” という言葉、これ自体にはそれほど大きな意味が無いだろう。別に小学校の授業で円周率を3.14から3にしようが学校が週5日になろうが、そんなもんは問題ではない。ただ、昔からよく言われるように「最近の若者は…」みたいな決まり文句が合って、その代替表現として「ゆとり世代は…」と言われるのではないか、と僕は思っている。そう考えると最近の若者と昔の若者は何かが違っている訳で、きっとその差を感じながら、ある大人達は「ゆとり世代は…」と愚痴をこぼすのではないか。

■ はっきり言うと、ゆとり世代と言われても仕方が無い


僕は中学時代の一時期、寮生活をしていた。山の中にポツンと校舎をかまえる母校はスポーツが有名な学校だったため、その中では自分の想像を絶する大変さがあった。頭は一枚狩り、朝から甲子園で行うような手と足をみんなで合わせ行進し、整列する朝礼。遠征では自分達でお弁当を詰め、先輩達の洗濯や布団干しはもちろん後輩の役目である。平日に長期遠征もあったし、同年代の中でも上下関係が明確だった。僕はその時、昔の日本が詰まっている空間のように思えた。(実際はわからんが)

その後地元の進学校に進学し、寮生活から自宅からの生活に戻ると、毎朝、ご飯とみそ汁に、しらすとのり、時々卵つきだけだったはずの朝食に、サラダや魚・肉類ががつくようになった。毎朝叩き起こされて点呼をとり、掃除をしていた生活が、起きたら全て済んでいる。
学校では理不尽なパシリ等も無いし、部活も暗くなったらすぐに終わった。コンビニでくっちゃべり、彼女を作って、週末にはデートにいく。みんながケータイを持ってメールし、パソコンも当たり前のように家にある。汗水たらして稼いだお金で、塾に通わせてもらい、静かなで整った部屋で音楽を聞きながら勉強する。
という生活に、世間のぬるさとある種のゆとりを感じる事となる。
ゆとり世代って言われて反発する同期もいるけど、たしかにゆとりのある生活や教育を受けている部分がある。それは僕が中学時代送っていた生活を比べても明確なのだ。

こういう何も不自由が無い生活が僕らにとって当たり前になっている事は、そうでなかった世代からすればきっと豊かであり、ゆとりのある生活だろう。そして、そのゆとりのある生活から生まれた僕たちは、そうでない世代から見たら価値観は全く違うし、きっと上記で述べたような先代や周りの人々が作ってくれた当たり前に感謝をできなかったり、何も感じなくなってしまっているのであれば、「だからゆとり世代は…」と言われてしまっても、それはある意味しかたがない事だと感じている。

■ 僕らの世代にしか出来ない・やるべき事ってなんだろう


そうは言っても、上記のような世界は正直言って僕も当たり前になってしまっている部分がある。そういう生活から、不自由な生活に自分で率先して戻るのはそう簡単ではない。であるのであれば、ゆとりのある生活を送っている僕らしか出来ない、僕らがやるべき事があるはずだ。
ある程度の生活と安定が保証されていそうに見え、実は崩壊しそうなこの世の中(借金時計:財部誠一)で、何をしなければいけないのか?昔と比べたら世の中の選択肢はたくさんあって、今の世の中に問題意識を持ってそれを変える手段が仕事にあるとするのであれば、何を選択するのか?
– 商品を売るために、マーケティング、広告・PRの戦略を練る事か?
– 様々な雑誌を書く事か?
– お菓子の新商品を開発する事か?
– 賃貸物件を売る事か?
– 就職・転職の支援をする事か?
別に上記で述べたような仕事を否定する気も無いし、価値の置き所は人それぞれだが、もう一度自分達の中で、自分の正義に向かう必要があるだろう。

■ 最後に


ゆとり世代って言われるのは、気持ちいい事でも無い。それに今後もゆとり世代でゆとり教育を受けている僕たちは、一生言われる言葉だろう。しかし、そういう言葉を突きつけられるからこそ、その度に自分達の生活を見直す事ができると思うし、ゆとりのある生活に感謝できるともとれるのではないだろうか。そして、これからも言われるからこそ、見返すために頑張る原動力にもなると思う。

ゆとり世代なんて幻想で、確かにゆとりのある生活を送ってるけど、今の日本はそんな事言ってられる状態じゃないのを理解しているか?

戦争が起きてから、日本の経済的成長を支えて来た先代達は、自分が生きている間だけ安定して豊かに暮らせれば良いって思ってたと思うか?

その考え方の差なんだと思う。

オテキ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

OTEKI's blog で「「ゆとり世代か…」と言われて悔しく無いか?僕は悔しい。」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。