就活記事vol.4 就活生がなぜかやらない、情報管理と情報共有

2012/01/05 § 2件のコメント

いよいよ年が明け、2013卒の就活が本格化しようとしています。一部の外資では内定者も出ているようですが、一般的には大手就活サイトがオープンし、就活生はESや選考、セミナーや業界分析等に追われる日々でしょうか?
たくさんやる事はあるのですが、就活生の皆さんは以下の事をやってみて下さい。

■   メモはデータで管理



これは僕自身がよくやっていた事。説明会の時はPCかキーボードだけを持ち込み、iPhoneと連動させてメモを取るのだ。手書きで書いたメモは修正が掛けられないし、それをまとめようとするのも一苦労。だからPC、iPad、スマホを使いデータで管理する。また、説明会でわからない事や気になった事は検索を掛けならがらまとめる事で、説明会の情報だけでなく、自分自身で整理しながらメモを取る事ができる。

■   セミナー・選考内容を管理・共有


僕は就活をしはじめてから半年間程度、友人2人と常に就活レポートをシェアしていた。やり方はとてもシンプル。企業の説明会、OB訪問、選考内容等をあらかじめ作ったフォーマットに沿って記入し、シェアするのだ。まずは、オススメツールをご紹介しよう。

オンライン上で複数のコンピューター(複数の人間が)写真、ワード、エクセル、パワポ等のデータを共有(同じフォルダに入れて行く)できる。使い勝手も良く、スマホアプリも優秀なので、使い勝手は相当良い。

いわずと知れた、ソーシャルネットワーキングサービス。facebookのグループ機能を使っても友人と非公開状態でレポートシェアは可能だ。(基本的にはドキュメントと呼ばれる、ワード形式のみ)ファイル共有としては範囲が限られているが、リンクシェアやコミュニケーション等は申し分無い。

この取り組みは、個人的にはかなりオススメだが、メリットとデメリットを整理しておこう。
<メリット>
 -他者のレポート等を見る事で視野が広がる
 -説明会・選考内容の情報収集
 -自分自身の振り返りとなる
 -友人とオンラインで繋がっている事で、一人では無いという気持ちになれる
<デメリット>
 -毎回書くのは意外と重荷
 -他者の選考状況(内定等)を見ると焦る

毎回レポートを書くという作業は負荷になる時もあるが、これを継続して書きシェアし続ける事で、シェアしている仲間同士の結束感や自分自身のモチベーションはとてつもなく上がったと感じている。周りが上手く行く中、自分は…という心配もあるが、それでも励まし合って超えた就活は本当に気持ちいいし、素直に喜び合える仲間になる。

■   日程とタスクを管理・共有


就活は情報戦とも言うが、確かにそういう一面もある。うっかりESを出し忘れたら、第一志望の会社を受ける事すらできない。だから、志望する業界のスケジュールはもちろん、就活全体のスケジュール感を持っていなければならない。まずは、仲の良い友人と情報をシェアすれば良いが、最近はわざわざ就活系のイベントやESの締め切り等をまとめてくれているサイトもあるので紹介する。
<自分達でまとめる>
Googleカレンダー:もしカレンダーを共有するならこれを使えばほぼ間違いないかと。とても管理しやすく、友人とカレンダーをシェアする事も可能。スマホとの連動も簡単で、使い勝手もかなり良い。
Time To Do:自分のやるべき事を管理するなら、このアプリはとても便利(スマホ)。無料版でも問題無し。締め切りの期間によって、色分けされるのでES締め切り等を自分で管理する際にどうぞ(共有不可)。

<外部サイトから収集する>
就職活動2013:就活イベントや説明会情報等をまとめている。数はそれ程多く無いが、就活が本格化する前からカレンダー作成に取り組んでいるので、これからの情報の網羅性に期待。

■   最後に


僕に限っての事かもしれませんが、僕は手書きのメモを取っておいてもあんま見返す事がありません。だから、手書きで取ったメモはその日のうちにデータに落とします。自分でとったメモをまとめながら覚え、且つ、いらない情報はその時点で削除しています。
また、上記のように“人に伝える” という前提条件があると、ただ言ってる事を写すのではなく、効率的で効果的にまとめることができると思います。
全ての事に言えますが、一人きりになって一人で考え込んだら、上手くいくものも上手く行かない事があります。つまらない敵対心は無しにして、しっかり情報管理し、気の合う仲間と情報をシェアしてみてはいかがでしょうか?

オテキ

§就活記事vol.4 就活生がなぜかやらない、情報管理と情報共有」への2件のフィードバック

  • 山ノ井 より:

    記事を読ませていただきました。
    これまでは、友人との会話の中で情報を共有するくらいだったのですが、ここに書かれていた方法を参考にさらに密に共有していければと思います。

    ところで、私もメモを残すなら手書きではなくデータとして残したいのですが、説明会でPCやキーボード+スマートフォンなどを使っても良いのでしょうか?
    説明会中は静かに、そして携帯は切れ、という雰囲気に感じるのですが。
    業種によってはそれも許されるのでしょうか?

    • ohtedaiki より:

      >山ノ井さん
      コメントありがとうございます。質問にお答えします。
      結論からいうと基本的には問題無いですがケースバイケースだと思います。ただ、それが理由で落とされたかどうかは自分にはわかりませんし、それで注意された事もありませんでした。
      確かに、会場の雰囲気を読み取り、いかにもまずい雰囲気でしたら控えた方が良いかもしれません。
      そういう場合は手書きでメモを取り、その日のうちにデータに落として下さい。(面接や選考の時もそうしていました)
      もし、上記の事をやられる場合は、しっかりとフォーマットを作って(僕は点数をつけたりもしていました)くださいね!
      もし何かわからない事があれば、facebook宛にメッセージを送って頂ければサンプル等をお送りしますよ^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

OTEKI's blog で「就活記事vol.4 就活生がなぜかやらない、情報管理と情報共有」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。